火おこしちゅう。


by rentacoal

【冬チャレ関西レポート】Battle編

b0060499_247865.jpgちょいと気合入れて書きますよー。 今回はなんと二本立て!
それほど盛りだくさんな2日間でした。
まずは肝心のカードバトルの話から参りましょう。

●ウィンターチャレンジ関西・環境まとめ
全体的にはパートナーが優秀な「リーフィアLv.X」が多く、
ついでハピナス単、ブーバーンドンカラスウィニーなどを
多く見かける環境でした(DPのポケモンが優勢ですね)。
中には「ゴウカザル(EP08)+バクフーン(DP2)+ルナソル」、
なんてチャレンジャーなデッキも。
ワザをうつたびベンチに戻るのは大変だけど、
逃げるコストが0だったり、「ルナトーン(DP4)」でのサポートで
速度が上がったりで、キーカードが揃えば強そうですね。
Mega Bravooooo!!Yoo-Hooooo!!

カメルギとハッサム単は思ったほど使用されてませんでした。
おかげで目標を見失った炎タイプは、それほど振るわなかった様子。
草タイプのリーフィアも、一撃の突破力と展開スピードがウリだから
弱点を突かれたぐらいじゃ動じないみたいですね。
ブーバーンに至っては、「グレイシア」に
エナジーしんか→ゆきがくれの速攻で、わずか2ターンで倒されたのだとか。
炎ポケや雷ポケは環境に居座るのに毎度苦労しますね。
なかなか安定しない(寿命が短い)のが悩みの種かな。

それと、サイド4枚戦では一方的に押し切られる危険性がある
「ピジョット(PCG1-B)」「ポリゴン2(PCG6-B)」を封じるため、
「ソルロック(PCG5-B)」が使われていました。
このソルロックの無色タイプのポケパワーを封じる、という効果は
エナジーしんかの「イーブイ(PCG3-B)」にもこっそり効いてたりします。

そして、無色のポケパワーロックは皆さんも警戒していたんでしょうね。
ポリゴン2の代わりに「ネンドール(DP4)」が多用されていました。
バトルフロンティアとソルロックの制限を受けないのは強い。
僕も流星の滝リザードンを組んだ時は同じチョイスでした。
コスモパワー、使われると厄介すぎです。
手札が1枚でもあれば使えるとのことですしね。

●Match Results of Rentacoal(練炭の試合結果)
使用デッキはジュペッタex+ルナソル。
高速でトレーナーをトラッシュするこのデッキは、ジュペラミより遥かに早い。
親愛なる煮物さんからデッキレシピを頂きましたので、
代わりに僕からは対戦成績のデータをプレゼント。
VS エルレイド・アブソル ○
 アブソルの持つわざわいのかぜを逆利用し、
 トランシーバーでサポーターだらけだぜ!作戦が効きました。
 途中危ないシーンもあったものの、じゅうりょくへんかで
 レインボーエネルギーを引き当てムーブ→じゅもんで130一撃。 Yeah!
VS ドンカラスウィニー ×
 しょっぱなからヤミカラス(DP3)を見てヤバい雰囲気を察知。
 2ターンでジュペッタにかくせい進化するも、
 なんとドンカラスXが2ターンで登場。 ほこら+だましうちで90一撃。
 まもりのかけらで防戦一方になり、負け。 先手打たれると厳しいね…。
VS カメックスex+ルギアex+フーディン☆ ×
 実はスタンカメルギと対戦したことがない僕。
 対処法がわからず、最後のあがきのまもりのかけらも
 カイオーガexのハイドロシュートであっさり崩れる。
 横で見ていた煮物さん曰く「ジュペッタexを前に出すのが正解」。
VS ハピナス単 ×
 初手リムーブが決まり、クリスタルビーチでブーストを封じるも、
 相手の封印の結晶を叩き割れずお互いに苦しい展開に。
 ダメージレースで負けました。 じゅうりょくへんかが止まるとキツイですね。
VS リーフィア・ジュカイン ×
 ソルロックでエナジーしんかを止めるのを忘れていました。
 接戦でエネ不足に陥り、最後はジュカインのリーフブレードが表で負け。
 速攻デッキ同士、いい試合だったのになぁ。

…い、いや全体的には勝ってるんですよ? トータルでは。
4分の3は勝ってるし時空のゆがみも1枚もらったけど、
残り4分の1のMeta Deckに引っかかってしまった印象があります。
こればかりは実戦不足だなぁ。 かなわないや。

さて、まだまだ続きます。 お次はイベントレポート編。
[PR]
by rentacoal | 2007-12-10 02:58 | PokemonCard!