火おこしちゅう。


by rentacoal

<   2005年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

b0060499_112967.jpg・・・・・・・・・・特別ではない、一つの節目に際して
2005年も、まもなく去る年になります。
僕は今、静かな心でテーブルに向かい、
鉛筆を手にしています。
テレビもつけず、ストーブもつけず……。

鐘をつきに行く家族。
今年も母が家で見送ろうとしたので、
おせちは作るから!と強引に押し出しました。
くずれる昆布巻きには苦戦したけど、何とかおせちは完成。
重箱に詰めながら、
たまには待つ身も悪くないな……なんて。

除夜の鐘が聞こえます。
僕は今、静かな心でテーブルに向かっています。
テレビもストーブも、ついていません。
僕は、非常に慎ましやかに、年を迎えようとしています。

どうしてかって?

今日だけじゃない。
毎日が特別な日だから、です。

年が変わるから、とかではなく、
毎日つづく日常の中で、僕が変わっていけることを願って。
このブログの書き納めとしたいと思います。

それでは、また。

                   2005.12.31. 練炭(Rentacoal)
[PR]
by rentacoal | 2005-12-31 23:53

オリテクル

b0060499_341896.jpg・・・・・・・・・・「あ、雪」
雪が降ってきた。

今日の雪はなんだか平べったい。
雪ってこんなだっけ。
ふわり、ふわりとスイングして地に落ちる。
そのひとつが肩にも落ちる。

こな雪でもない。 なんだろう。
幾重にも重なって、やっぱり平べったくて、
ああ、そうか。 これは羽だ。
みるみるうちに、羽はジャケットの肩へと吸い込まれていった。

・・・・・・・・・・そういうこと、なんだね
いつだってイメージは、頭のそとにある。
ちょっと前まで、そういうのは自ら生み出すものだと
思っていた。 僕はこんなにもちっぽけなのに。

夜が好きでよかった。 冬が好きでよかった。
ひとたび闇に身を置くと、このひやりとした空気が
僕の感覚を研ぎ澄ます。
するどく……限りなく鋭く、鋭利なナイフ、あるいはメスのように。
よく研いだそのナイフかメスで、
僕は僕と通じる誰かの心を、ピンポイントでやさしく突く。

そうすると、一瞬だけつながる。

その時伝える言葉は、僕のものじゃない。
僕の感覚が「選んだ」ものだ。
くれたのは、川のせせらぎ。 月夜の星。 夜の空気。
ずぅぅんと沈みこんでくるそれを、
僕は小さなカラダで精一杯受け止め、感じるだけ。
それを、つながってくれる誰かに流すだけ。

いつだって、大きいものに包まれてる。
そういうこと、なんだね。
[PR]
by rentacoal | 2005-12-28 01:58

顔のない隣人

b0060499_0272693.jpg・・・・・・・・・・閉ざされた空間、「街」
「火の用心」
帰り道、久しぶりにこの声を聞いた。
カチャッ、カチャッと鳴る拍子木の音には
懐かしさを覚える。
ただ違うのは、それは甲高い声の
「ひのよーじん」ではなく、幾(いく)人かの
年を召した「火の用心」だった。

物騒だから。
その一言を理由に、街から子どもらの笑い声は消えてゆく。
物騒。 モノがさわがしい、と書く。
なるほど。 事件のニュースなど“情報”と称して
入ってくるそれは、確かにさわがしい。
目を覆いたくなる悲劇が連日報じられ、
せめてわが子はと、人は門戸をかたく閉ざす。
そして街からは、
―朝晩の通勤時間を除いて、人影がまばらになっていく。

街は安全か。
その問いにYESと答えられる人は、誰もいない。
しかし、どうだろう。
門を閉ざせば安全になるのか。

人が消え生活空間でなくなった街は、“ただの通り道”にすぎない。
そこに棲む人は隣人であれ、不信感をもつ対象でしかない。
わが子だけをかくまい、地域の交流を
シャットアウトすることが、犯罪の種をまいてるんじゃなかろうか。
誰もが忙しいことを、否定はしない。
ただ、目先ばかりで本当の安全は得られないわけで、
そういったジレンマに苦しむ街の人々は、
一種の運命共同体にも思える。

夜の公園。
地面に、子どもがかいた絵が残っていた。
隣人の顔がない、現代。
街が闇に呑まれつつある現代に、子どもの遊んだ跡が残っていた。
静かな公園に、子どもの姿はとうにあるはずもない。
暗闇の中、子どものいた形跡だけが、
ただただ残っていた。
[PR]
by rentacoal | 2005-12-26 00:27

心の奥に燃ゆるもの

b0060499_1261818.jpg・・・・・・・・・・降らないね、といった矢先
降りました。 アスファルトが白く凍って、
まるでスケートリンクでした。
そんでもって僕はガチコチ、ロボット歩き。
キ ン ニ ク ツ ウ ・・・

・・・・・・・・・・心の火を、絶やさない。
今日から冬休みです。
僕は受験生じゃないので、遊ぶことができます。
家で一日ゲームしたり、友だちとカラオケに行けます。
そして僕は、「それらのことをしない」こともできます。

遊ぶよりも楽しいことを見つけてしまいました。
それはとても素敵なことです。
あちこち回って、人と会って、冬なのに汗を流して。
これを楽しいと言える僕は、頭のネジが外れているのかも。
でも、これでいいんです。

ゲームの世界は一人だけ。
カラオケの世界はその部屋の中だけ。
僕がこれからつむいでいく世界は、
ずっとずっと広いところです。

年が明けたら、すべての歯車は回りだします。
でも、動かす人が必要です。
じっとしていると気持ちが冷え固まるので、
僕も常に動いていく必要があります。

弱い自分を、一人ぼっちにはしません。
なぜって、僕は孤独に弱いから。
一人になると、すべてをあきらめてしまうから。
薪(まき)をくべて火を見守るように、
年明けまでのあいだ、僕は人と会います。
会い続けます。
心の火を絶やさないように。

2006年まであと、9日。
エンジンを温めておかなくちゃ、ね。
[PR]
by rentacoal | 2005-12-23 01:09

冬です。

b0060499_0184855.jpg・・・・・・・・・・枯れ葉と曇り空
駅前の公園にて。 冬の光景です。
近年は雪が降らないので、こういうところで
季節、感じてます。

春夏秋冬。 自然界のリズムを忘れると、
カラダのセンサーもおかしくなります。
やっぱ、季節は肌で感じないとね。
肌で感じてたらめっちゃ寒いけどね!

・・・・・・・・・・ソーランBU‐SHI
今度舞台に出る友人のダンス練習に、飛び入りで
参加してきました。 多喜雄のソーラン節は
うわさどおりキツかったです。
今日はカラダをフルに使ったことだし、
……明日は洗礼(筋肉痛)をうけること間違いないなぁ。

いろいろと報告することもあったんですが、
今日のところは勘弁してくださいね。
カラダか頭のどちらを使っても、人間は疲れるように
できてるんです。 おやすみなさ~い……。
[PR]
by rentacoal | 2005-12-22 00:28

準備、着々と進行中

b0060499_1362788.jpg・・・・・・・・・・梅田ヨドバシで買い物
写真上、ボイスレコーダー。
手前のパッケージは映像編集ソフトで、
手に持ってるのはビデオ撮影に
使う予定の小型マイク。
必要な機材に、ががーっと奮発してきました。

一部のパソコンソフトは学割が効くので
うれしいかぎりです。 学生万歳!

・・・・・・・・・・上記のとおり
前から言っている、企画モノ中心のWebマガジン。
準備は着々と進んでいます。
持ってる人脈をフルに活かそうと、
一度会っただけの人でも声をかけてます。
ついでに言うと僕は、仲間になってくれるまで
とことん食い下がる気でいます。
お声のかかったお友達は、ご愁傷様。

準備段階でも、あつかう内容のスケールダウンなど
試行錯誤ばっかりです。
作ってる様子は極力オープンにしたいので、
大丈夫そうなものから順次お見せしたいですね。

「表現の企画(タイトル未定)」は皆さん好反応なので、
一度あつまって話をしたいと思っています。

僕が思うに、人のパワーはきっかけさえあれば
暴れだすものなんですよ。
だから、適切なステージと起爆剤だけで、
個人の魅力は十二分に引き出せる……と思います。
それにはまず、来た人を「お客さん」に留まらせないこと。
ここはキミのステージだよ、と伝えてあげること。

何がむずかしいって、人に頼るのが一番むずかしいね。
そんな自分の特性も把握しつつ、
「一人でやらずに、皆でやる」。
いろんな企画・イベント運営、同時進行で頑張ってます。
[PR]
by rentacoal | 2005-12-20 02:11

思い切って

b0060499_22304363.jpg・・・・・・・・・・思い切って・1
―惜しんじゃいけない。……よね。

ちょっと面白い雑誌を見つけた。
扱うテーマが、僕の興味の的を射抜いてた。
デザインも読みやすく、参考になる。
持ち帰って熱読するほどじゃない、
けど学習費と思えば…。 そして結果は→。

思い切った後はいつも、切ない。

・・・・・・・・・・思い切って・2
人間、ときにはゼロにならないと、アイディアは
浮かんでこない。 “空っぽ”ってことは、
新しいものを受け入れられる、ってことなんだね。

一日の終わりの理想は、持てるエネルギーを出しきり、
疲れた重いカラダを寝床に沈めること。
肉体労働に限ったことじゃない。
自分の思いをつたない表現(絵、歌)にぶつけきるとか、
時にはわんわん泣いたっていい。

泣くのには一種の才能がいる。
僕は泣けないタイプの人だから、
こころの中に毒をためこみやすい。
泣くはおろか、感情だってあらわにできない。
顔は笑っても、こころは苦しくなるばかりです。

だから、僕は文を書くのです。
誰かへ向けて。 思うままに。
絵描きにはなれなくても、音楽は作れなくても、
僕には「言葉」という、表現がある。
一心不乱にノートを埋め、誰にも見えない涙。
誰にも見えない僕の、すべてを愛するきもち。
それを書ききってようやく、僕は眠りの床につけるのです。

これが僕の「身辺整理」。
触発されて書いてみました。↓こちらもご覧ください
[リラックス LOHASにホッとひといき<身辺整理>]
[PR]
by rentacoal | 2005-12-15 23:04
b0060499_2132975.jpg・・・・・・・・・・本日の前菜
恒例の写真つきサブ・トピックス、
いわば前菜。 今日は特別デカイ。
田舎から届いた旬のお野菜、
でもこの白菜はデカすぎです。
30cmものさしも敵いません。

外側の葉は硬いし、食べきれない。
近くの小学校のウサギにでも、手伝ってもらおうか。

・・・・・・・・・・カフカはありえない
気づけば臆病な僕がいる。
軽いつきあいは楽しくても、誰かが心の中を訪ねてくると、
怖くなって逃げてしまう。
望んでこうなったわけじゃない。
けど、一概に環境のせいでもない。
身に起こるできごと1つ1つに取捨選択を
してきた結果、こんな僕がここにいる。

幾度となく、この狭い殻を脱ぎ捨てたいと思った。
一夜にして劇的に、成虫に変わることを夢見た。
結局それは夢だった。

この日もまた、窮屈でどこかやりきれない気分だった。
ふと、TVで見たセミの脱皮が目に浮かぶ。
脱皮したての羽は白く透きとおり、
ピンと伸びたその羽を、ああ、きれいだなと思った。
心に映った映像を、僕は何気なく巻き戻してみた。

伸びきった白い羽は、縮れた羽に変わった。
その前は、殻から抜けようと、もがいていた。
さらに巻き戻せば、背中に最初の亀裂が入った瞬間の姿。

僕は忘れていた。
虫たちは一夜にして、劇的に変わるわけではないということを。
長い長い準備の末、カラダがその時を迎えても、
脱皮しきれず死んでしまうかもしれないことを。

心のビジョンで一通りの映像を見終えて、
僕はふっと笑った。 カラダをうんと伸ばし、
ありもしない羽を拡げるように、両の腕を左右に開いた。
もしまた、羽の美しい成虫が目に浮かんだら、
その影にある苦しいドラマを思い出そう。

透き通るような羽の妖精が、僕に語ってくれた。
―「その時」はいつか、訪れる。
 今はそれに備えて、するべきことをしなさい、と。
[PR]
by rentacoal | 2005-12-13 21:03

仔ぎつねのように。

b0060499_23292453.jpg・・・・・・・・・・Do my self.
今年もそろそろX'masシーズン。
街は色彩豊かになり、自宅をきれいな
電灯で飾る家もある。
クリスマスを特別な日として、あたたかく迎える。
そんな家が、少しうらやましい。

我が家は今年も、家族でなべを囲むのだろう。
昔はそれだけで暖かかったのに、今は満たされない。
なぜだろう。 人の温もりを、素直に受けとれないのは。
本当は寒くて凍えそうなのに、人の優しさに触れると、
凍った感情がなだれを起こしそうになる。
そして僕は、人の好意や親切を、一様につっぱねている。

「クソ、寒いな……。」
言ってから我に返る。 己は一体、何を言っているのだ。
心を寒くしてるのは、僕自身じゃないか。
僕は“身近な人”だった家族や友人の温もりを避け、
一方で誰かの温もりを求めていた。

この足で歩くと決めたのに、なにメシアを期待してるんだ。
寂しいなんて、言ってられない。
僕にはやることが、山ほどあるじゃないか。

心にあかりをともそう。
暖をとって雪解けを待とう。
今は仔ぎつねのように丸まって、身を守ることしかできない。
そう。 僕はまだ、人を“愛する”ことができない。

いつか遠い日。 一人の人間を、真に愛せる日まで。
さよなら、僕のX'mas。
[PR]
by rentacoal | 2005-12-11 23:38
b0060499_325936.jpg・・・・・・・・・・気合入ってます
オレがやらねば、誰がやる。
自分の理想をモノにするべく、
Webマガジンの人脈づくりに走ってます。
正直、これじゃ間に合いません。
けど、焦らない。 人間関係はゆっくりとね。

肩にかばんをかける儀式の図。
出かけるわけでなくとも、なぜか気合が入ります。

・・・・・・・・・・人材求めてます
炭ブロ!および練炭は、
「何かやりたい!」気持ちでいっぱいな人を探してます!
エネルギーが余ってる! 自分の表現活動をもっと広めたい!
その気持ち、ムダにしないで。
一緒に企画を立て、盛り上げてみませんか?

おこなった企画はWebマガジンで取り上げ、紹介していきます。
現在、以下のテーマを考えています。
・LOHAS、幸せな生活を送るヒント
・自分の“表現”をとりもどせ!
 (表現者のワークショップ。アート、ミュージック、文学、何でもOK!)
・ホビーを楽しくしちゃおう!
・オキナワの基地問題
 (現地で取材がしたいです。高校生ぐらいの現地の方で、
  一緒に考えてくれる人、求めてます)

近畿圏にお住まいだと、なお嬉しいですが、
他地方でもいっこうに構いません。
迷ったら即実行! ビビッときたなら即即実行!
一緒にアクション、おこしましょうー!

                         ―練炭(Rentacoal)より
[PR]
by rentacoal | 2005-12-11 03:27 | お知らせ